身体を整える年にする。念願のロルフィング

昨年は顎関節症やサイネスが酷くて

歯痛がひどくなって2018年の後半はしっかりと噛むことができなかった。

顎関節からくる歯痛のため歯医者にも通い、歯もボロボロだったというわけ。

ヘルスインシュランスMax使ってしまいました、、、

鍼治療を受けてしばらくよくなるけど、顎が痛くなるのが腰痛と連動している気配を感じつつ何をやればいいのかわからず痛みと格闘した年末

顎関節症で気づいたのは身体は繋がっていて、顎だけの問題ではなく、

腰かもしれないし脚かもしれないということ

この時点で本当に改善したいなら、以前から興味があったロルフィング (Wiki pediaに飛びます)しかないなと思い始めていたのです。

なぜなら、ロルフィングというものを初めて知ったときに、

身体全体へのアプローチするものというのがとても印象深かったからです。

もともと母が東洋医学が好きで、興味を持ちました。
身体の悪い部分を見るのではなく何が原因でそれが起こっているのかという考えが好きだったのです。ホメオパシーもそれに通ずるところがあってフランスに行ってからはホメオパシーを愛用してました。

 

さすがに腰の痛みに耐え切れず同じような悩みを抱えている知人にヘルプメッセージを。

2年位前から興味があったロルフィング、ロルフィングの施術をするロルファーのKさん。実は昨年、ロルファーのKさんの働いているであろうクリニックに連絡をしても繋がらず、連絡が取れなかったんです。背に腹は代えられぬということで図々しく知人にお願いして連絡とって頂きました。

年末に一度アポイントメントを取りメッセージしたところ、

そこのクリニックではロルフィングは行っていないということでちょっとがっかりしました似たような施術を受けることは可能ということだったので腰も痛いし施術していただきました。

施術を受けてロルフィングのことを聞いてみたら

”Kew ではやってるんですけど、、、でも実は2019年からクリニックを移動してロルフィングも受けられるようになります”

ということだったのでその場で次回のロルフィングを予約しました。

第一回目は呼吸にフォーカスしたセッション

まずは立ってみてどこに重心を感じるかとか、ポスチャーの確認、身体の中の構造を本で確認してから施術が始まります。

”体はすべてつながっていることをまずイメージしてください”と言われて優しく身体に触れていきます。途中で”重力に任せて”といわれて面白いなと思ったり。

イメージすることで身体は活性化するような気もしました

実はロルフィングを受けたくて一度連絡を取ってみようとしたことがある話などしてみたらロルフィングはメルボルンのイーストでは去年までやってなかったので、やはりこのタイミングだったということが判明。(Kewはうちから通うにはちょっと大変なので行けたかな~と思う)

施術の帰り、おかしなことに脚をすって歩いていることに気付き、(脚をすって歩くことはないのに!)何かが変わったのは確かでした。

 

先日2回目の脚のセッション受けました

まずはポスチャーの確認、重心の確認をしてから施術です。

歩き方がおかしいのはわかっていてもなかなか直せないというのも悩みだったのでうまく歩けるようになれますように。。。

脚のどこを使っているのかを体感して、確認して、修正していくそんな感じでした。
気付きばかりのセッション 笑

 

実は施術を受けるまで詳細までは知らなかったロルフィング

大げさに言うと直感だけで受けたかったんです

ロルフィングの創始者はアイダ・ポーリーン・ロルフ博士(生化学)という女性の方。

アイダ博士は自分自身の健康と息子さんの側弯症の問題を解決するために色々と模索し、
様々な代替治療の手法を探索し、独自のワークを行うようになり、これがストラクチュラル・インテグレーション(のちにロルフィングと呼ばれる)となっていったようです。バリバリの科学者である博士が代替治療を模索したというところが印象深いです。

筋膜にアプローチして、ずれてしまったり、ゆがんでしまったり、間違った使い方をしてしまっている身体全体のバランスを整えていくもの。そこに重力を感じながら、、、

いいなと思ったのは施術を受ける(受動)だけではなく自分もイメージングをしたり、身体の感覚を確認するということ。身体に自分自身で意識を向けるということ。

セッションは10~13回、人によって多少変わるようです。
身体のどこかに不調を感じているなら受けてみるとかなり変わるだろうなと2回目が終わった今思っています。

セッションは自分自身が身体に向き合う時間。
身体がどう変わっていくか楽しみです。

 

 

 

 

Happy 2019

友人に頂いて育てていた向日葵が

元旦に咲きました!

朝から檸檬の木が虫にやられて捨てざるを得ず、サヨナラした所だったのです。

ちょっとガックリした気分だったところに

この黄色い健気な花を見て元気づけられました

素晴らしい愛溢れる年となりますように!

マウスウオッシュ

オーガニック野菜を買っている

Ceres Fair food

で面白いものがあったので買ってみました。

ちょうど安全なマウスウオッシュが欲しいな~と色々探しているところへ朗報

Georganicsのタブレットのマウスウォッシュ。

20MLのお水に入れてみるとシュワシュワと泡が出て

こんなブルーの液体になりました。

正直、すごいミントですっきりしたい人はこれは物足りないかな~

ワタシは安全なのがいいし、歯茎の問題を減らしたいのでこれで満足。

悲しくなるくらい歯が悪くて、年末にまた歯医者さんのお世話になりました。

こんなに歯の手入れしてるのに。。。と泣きたくなる時もあるけど、仕方ないですね。

コツコツと歯のお手入れするしかないです。

見てよかった”Bohemian Rhapsody”

もう年末なのに色々たまっていて、今更11月に見た映画

Bohemian Rhapsody

みんながいいっていうから期待半分、冷やかし半分でみたのですが、、、

良かった、悔しい感じがするくらい。

フレディのこともクイーンのこともあまり詳しくないけど、

フレディの自分の夢を追いかける屈しない姿に素直に感動

映画見てからYou tubeで本物のライブエイドをみてもう絶句。

そのままやん!

フレディは永遠のスターだわ

映画を見て以来うちはクイーンブーム到来。

ダーなんかクイーンのプレミアムアルバム買ってた!

そしてフレディの映画に隠れてしまったけど、Fantastic beastも見ていたのです。

ハリポタ好きだしこのこのシリーズも面白い。

Bohemian RhapsodyはブリスベンでFantastic BeastはNoosaで見たんですけど、

メルボルンの映画の値段の高さに驚いた。

Noosaは14.80ドル、ブリスベンはなんと6.5ドル(ちなみに17時以降は8.5ドル!)

Melbourne はブリスベンの3倍以上の20ドル(火曜日少々安いけど)

 

家に帰って早速、NOOSAで買った生蜂蜜を試食!

蓋のスタンプが可愛い

かなり癖があってしまった!って感じでしたが、

食べているとそれがまた美味!(^^)!

一匙の蜂蜜で心も体も満たされる~

NOOSA 

コケがきれいで写真撮りましたが、あとから”AUSの形の石だね”と言われて”あっ確かに”

ダーはホリデーに行くと料理ができる環境でも外で食べたい人

ワタシは料理できる環境ならなるべく自炊がいい人

旅のスタイルは全く違います

20181119_200209-1379345381.jpg

最初の晩はRACVリゾート内のレストランへ行くことにしました。

鴨を頼みましたがジューシーで美味しかった!

20181120_1148391738876365.jpg

ある日のカフェ:LONG BLACK

20181121_1016081470802511.jpg

リゾートはNOOSA HEADという少し内陸にあったのでシャトルバスでNOOSAビーチへ!

海岸沿いを歩くコースがありました。

 

海っていつまで見ていても飽きません。

思い切って海に足を付けたらなんと暖かい!

泳ぎたいと思いましたが、水着を持ってこなかった、残念

アーシングを思い切り楽しみました。

20181121_1039341943204813.jpg

素敵なカフェがいっぱいで迷いましたが行ったのはここ
PROVIDORE

20181121_104340804325007.jpg

SOY LATTE

普段飲むのより色が濃い気がしたのですが、味もビターでした。
美味

 

20181121_1647321936353677.jpg

そしてジェラート屋さん見つけちゃったので無視するわけにはいきません

20181121_170551-377233401.jpg

夕暮れのNOOSA
風が強くなりましたが、気持ちのいい散歩を楽しみました

こんな所ならウォーキング趣味になっちゃうかも。。。

20181121_1746392112144665.jpg

国立公園

20181121_174852929573881.jpg

人を恐れないブッシュターキー

そしてディナーはNOOSA で。
スロークックラム、ほろほろでとろける感じでした。

楽しい時間はあっという間。NOOSAを満喫しました。

待ちに待ったホリデー@NOOSA

待ちに待ったホリデーはヌーサ!

ダーがほとんど決めて”わかった、いいよ。”って感じ

ヌーサっていったいどこなんだ?
知らないのにいいよって返事したので調べたらQLDでした 笑

メルボルンから飛行機で2時間20分でサンシャインコースト空港まで飛び

2018-11-26 (3)

そこからバスという手もありますが、今回はタクシーを利用したので30分ほどで

RACVヌーサリゾートへ到着

2018-11-26-4.png

部屋からプールがすぐ見える

突然の暑さを予報されていたメルボルンから避難したって感じで

ヌーサは寒くもなく暑くもなく最高

20181121_084630146797572.jpg

 

キッチンもついていたので便利!

なんと食洗器も洗濯機もあったんです。

 

20181119_12592425457258.jpg

ここで何もしないホリデーが始まりました!

 

楽園のカンヴァスを読んで暫く余韻に浸る

原田マハさんの心に響く文章に惚れて、最近お気に入りの本となっている。

最近読んだこれ

楽園のカンヴァス

二人のキュレーターを巡って、画家、アンリ・ルソーの作品鑑定に係わる話なのだが、

二人のキュレーターのルソーに対する情熱を感じ

そしてルソーという謎多き画家の

謎解きをこの本と共に楽しむことができるのではないかと思う。

思わずルソーの”夢”という絵を見にNYに行きたくなってしまう。

ルソーの絵を思い浮かべながらどっぷり本の世界へとさまよいこみ

ルソーの生きたパリへとタイムスリップしていた。

多分これはマハさんの文章のおかげ。

ここの本を読んだら、本に出てくる絵に出会いに行きたくなるはず。。。

またしてもマハワールドに魅了されてしまった。